オーダー家具辞典 突板・突板合板

RSS|archives|admin
オーダー家具辞典

突板・突板合板

2010.01.26 Tue
突板・突板合板

突板とは簡単に言うと天然木を薄くスライスしたものです。厚みは通常、0.2mm~0.25mm。厚いもので0.55mm~0.6mm。特殊なものとなると2mmというものまであり、使用箇所、必要強度によって使い分けます。突板合板とは3mm程度の合板(ベニヤ)に突板を貼ったものを言います。

突板の種類は豊富で色んな樹種がありますが、上の写真で言うと、左からシオジ、マザクラ、カリン、ナラ、ウォールナットなどがあります。その他、メープル、ケヤキ、ヒノキ、様々な樹種があります。(オーダー家具を突板で作りたい場合はご依頼されるオーダー家具屋さんに色んなサンプルを見せてもらうといいでしょう。)

仕上げはウレタン塗装やオイルフィニッシュなどがあります。ウレタン塗装は木の表面を読んで字のごとく、薄いウレタンで塗膜層を作りますので耐久性に富む仕上げです。オイルフィニッシュとは、市販されているチークオイルなどを浸透させて仕上げます。風合いから言えばオイルフィニッシュのほうが温かみを感じられる仕上げです。(ただし、木材に浸透することで効果を発揮するオイルフィニッシュを用いる場合は0.55mm~0.6mm以上の厚さの突板を用います。)

テーブルなどの天板をオイルフィニッシュで仕上げた場合、コップの輪染みができます。(すぐに拭取ればそうでもありませんが。)このシミができた場合、シミを「味」と感じられる人にはおすすめしますが、「汚れ」と感じる人はウレタン塗装を選択したほうがいいと思います。また、ウレタン塗装でも、「全艶(ピカピカ)」、「半艶(ある程度、艶がある)」、「艶消し(マットな表情)」など、同じウレタン塗装でも表情に違いがあります。(これも、ご依頼される家具屋さんに塗装サンプルを提出してもらい、実際に確かめてから決定されることをおすすめします。)

人気ブログランキングへ


Category:突板・突板合板 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |