オーダー家具辞典
FC2ブログ

RSS|archives|admin
オーダー家具辞典

充電式ピンタッカ・ピンネイル

2019.04.13 Sat
充電式ピンタッカとはピンネイルを打ち込む電動工具のことです。下に詳細を。
まず、充電式ピンタッカの写真。

充電式ピンタッカ

ピンネイルはこの充電式ピンタッカにセットします。ピンネイル自体は直径0.6mmの細い針状の金属です。この細い針状の金属が固定したい部材同士に刺さって固定します。わかりやすく言うと、めっちゃ細い釘を電動の工具で打ち込んでるみたいな感じです。

ピンネイル

どんな感じで使ってるかと言うと下の写真にたいな感じですね。

施工写真


で、どういう場面で使う道具なのかと言うと、部材同士の仮止め、または強度をあまり要求されない場所での固定といった場面で使うことが多い道具です。ちなみにですが、充電器や充電池は別で、この充電式ピンタッカ本体だけで3万円くらいします。わりかし高額な道具です。




Category:充電式ピンタッカ・ピンネイル | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
オーダー家具辞典

三次元調整機能付隠し蝶番 HES3D-70型

2019.03.10 Sun
仏壇

仏壇の製作依頼があり採用した蝶番【三次元調整機能付隠し蝶番HES3D-70型(スガツネ)】。下の写真をご覧ください。

三次元調整機能付隠し蝶番 HES3D-70型 1

通常使うスライド蝶番では目立ち過ぎて品のない仏壇になってしまいますが、今回採用した三次元調整機能付隠し蝶番HES3D-70型はコンパクトであまり邪魔にならない形状。隠し丁番と言っても見えていますが、それでもマシです。

三次元調整機能付隠し蝶番 HES3D-70型 2

この隠し蝶番は上下、左右、前後方向の微調整が可能な三次元調整機能付なので現場で扉を取り付けた後でも調整ができます。


Category:三次元調整機能付隠し蝶番 HES3D-70型 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
オーダー家具辞典

脚立カバー

2019.01.19 Sat
脚立カバーとは。下の写真で示したものを言います。

脚立カバー

わざわざ脚立の足に靴下の様なものを履かせているのは何もこの脚立に特別な愛着があるわけではございません。私共家具屋は新築のお家やマンションで作業することが多いので床を傷つけないために脚立に『脚立カバー』なるものを用いて脚立を使います。
ちなみにこの脚立カバーは長谷川工業という脚立や梯子を専門とする会社から販売されているものです。
長谷川工業ホームページ

先述。この脚立に特別な愛着がないと書きましたが、使い勝手もよく、また、見た目も引き締まったデザインなので結構、気に入って使ってます。この脚立も長谷川工業の『脚軽・あしがる』というシリーズの脚立です。


Category:脚立カバー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
オーダー家具辞典

インパクトドライバー

2018.10.27 Sat
インパクトドライバーとは、下の写真のような工具で先端にキリやドライバーを取り付けて対象物に穴を開けたり、コーススレッド(ねじ)をねじ込んだり、はずしたりする道具です。

インパクトドライバー

一般家庭などで通販の組立家具を組み立てるときに用いる電動ドライバーの強力版みたいな工具です。見た目は同じようなものですが、電動ドライバーは回転の力のみでキリやドライバーを回すのに対し、インパクトドライバーは回転+打撃の力が加わって強力なトルクを発生させることができます。電動ドライバーとインパクトドライバーの両方を使ったことのある人なら違いがわかると思うのですが、そんな経験はないとう人に説明するとなると、、、イメージで言いますとプラスチックバットと木製バットくらいパワーの差がある感じです。家具辞典と謳っておきながらイメージで説明というのも、いささか如何なものかと言う気もしますが、それくらいのパワーの差はある感じです。それと、価格も違います。電動ドライバーは安いものだと数千円で購入できますが、インパクトドライバーだと、だいたい2万円以上くらいからです。




Category:インパクトドライバー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
オーダー家具辞典

コーススレッド その2

2018.09.12 Wed
コーススレッド 小分け

前々回にご紹介した『コーススレッド』ですが、家具を壁に固定する以外でも現場で使用します。壁に固定する際は既存の壁の状況により、コーススレッドの長さが51mm、65mm、75mmのサイズを用いることが殆どです。それ以外のところで使用する場合、例えば分割して製作してきた家具を現場で合体さす場合にはコーススレッドの長さが38mmのサイズをよく使います。用途によって使うサイズが違うので、予め写真のように小分けしてケースに入れて現場で使うようにしています。写真の中の数字はそれぞれコーススレッドの長さを示したものです。こうしておけば、必要なサイズをすぐに探せるので便利です。



Category:コーススレッド | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |