オーダー家具辞典

RSS|archives|admin
オーダー家具辞典

天袋

2017.03.29 Wed
天袋(てんぶくろ)とは、天井面に接した家具のことを言います。下の写真は開き扉ですが、引違戸、フラップ扉であっても天井に接している収納であれば天袋と言います。本来は日本建築の様式、書院造の違い棚の上部に設けられた云云かんぬん、、、といった本格的な用語なのですが、現在では先述の通り天井に接した家具を指して使います。

天袋



Category:天袋 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
オーダー家具辞典

ライティングビューロー

2017.02.07 Tue
ライティングビューロー「writing bureau」とは。
下の参考写真をご覧くださいませ。

ライティングビューロー

家具の一部が机となって字を書いたり、絵を描いたりできる仕組みになっている家具を言います。もっとも一般的なのは参考写真のように下開きの扉の裏面が机になるもの。
しかし、あくまでも簡易的なものですので、構造強度はちゃんとした机、テーブルには劣ります。良い点はやはり場所を節約できる点と、扉を閉めれば片付いて見える点でしょうか。

参考の家具は上部に引違戸、下に扉のないオープン棚。その下が下開きの扉でライティングビューローとして使える部分。最下段に扉付収納、引出という構成です。



Category:ライティングビューロー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
オーダー家具辞典

家具図

2017.01.16 Mon
家具図とは。
現地採寸を終え、その時のスケッチをもとに家具図を描きます。下の3枚がその家具図。
※現地採寸とは⇒http://workskougeisya.blog108.fc2.com/blog-entry-131.html

家具図 01

家具図 02

家具図 03

この家具図をもとにお打合せや、お見積もりをさせていただきます。

家具図で大切なことは家具の幅、奥行き、高さが正確に明記されていること、家具の仕上げや使用する金物を明記しておくこと。それと、お客様が見てわかりやすいこと、それとこの家具図をもとに実際の家具を製作する職人にもわかりやすいことです。
簡単そうに見える家具でも意外と複雑なものなので、図面を細かく描きすぎると線が多くなり見にくくて理解しがたいものとなります。なので、ある程度単純化して描くように心掛けています。


Category:家具図 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
オーダー家具辞典

現地採寸

2017.01.07 Sat
オーダー家具で言う現地採寸とは。
そのまんまですが、オーダー家具を設置する場所のカタチを採寸することを言います。下のスケッチがその採寸をして記した例です。このスケッチを基に家具図を描いて、お客様とお打合せ、御見積りをさせていただきます。
現地採寸が間違ってしまうと取り返しがつかないことになってしまいますので、天井高さ、壁の幅、柱型の奥行き、梁型の高さ、コンセントの位置、巾木の高さや厚みなど、慎重になんども測ってスケッチをします。

採寸01

このスケッチの用紙はWORKS工芸舎・阪本家具のオリジナル様式です。採寸に漏れがないようにチェック項目を作っています。



Category:現地採寸 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
オーダー家具辞典

宵積み

2016.12.24 Sat
オーダー家具で言う『宵積み』とは。
日が暮れ始めて夜になる手前、夕方に家具をトラックに積み込むことを言います。積み込んだ家具は翌日の朝に納品先まで運び、「荷降ろし」という作業に続きます。
また、これに対して『朝積み』というのもございます。納品当日の早朝に家具をトラックに積み込むことを言います。但し、この朝積みの場合はものすごく朝早くに工場に行かないといけませんので、出来れば宵積みとしたいものです。

宵積み

写真は家具の一部を軽トラックに積み込んでいる様子です。
ちなみに大きな家具になりますと2トントラックに積み込むことになります。



Category:宵積み | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |